新型コロナウィルス感染症の救済措置に取り組む決済サービス会社 まとめ

エアペイは屋外でも使える!屋外利用の条件や注意事項を解説!

エアペイは屋外でも使える!屋外利用の条件や注意事項を解説!

うきこ

素朴な疑問なんだけど、エアペイって外でも使えるのかな?例えば屋外イベントとか。

エアエアちゃん

もちろん使えるよ♪
ただし使えない決済方法があったり、注意事項もあるから、詳しく解説するね!


エアペイを利用していると、店以外でのイベントや屋外販売などで利用できるのかなという疑問がでてきます。

ズバリ、エアペイは屋外でも利用可能です!


今回は、エアペイを屋外で利用する場合の注意点や屋外利用の条件など詳しく解説していきます。


エアペイは屋外で使える!その条件は?

エアエアちゃん

エアペイ利用者なら条件なく誰でも屋外で使えるよ


ただし、これからエアペイを導入する方で、常設の店舗がなく屋外でのみ利用するつもりという方は要注意

通常、エアペイ導入の審査のために必要な書類の中に「店舗確認書類」というものがあります。

店舗確認書類とはお店の店舗や事務所の画像や資料のことで、常設であることを前提としています。

店舗確認書類
  1. 店舗や事務所の入り口の画像(看板や表札があればそれらを含んだ画像)
  2. 入居するビルや建物全体の外観の画像
  3. 取扱商品やサービスが確認できる店内の画像
  4. 店舗名、店舗住所、店舗電話番号が確認でいる資料
  5. 取扱商品、サービス内容、価格が確認できる資料


※ 常設店舗や事務所のホームページがあれば、上記1〜5の店舗確認書類は不要です。


上記の通り、常設で店舗や事務所があることを前提に審査が行われますので、もし常設店舗や事務所がない場合は、エアペイのヘルプデスクに状況を伝えてから申し込むようにしましょう。

リクルート決済サービス ヘルプデスク
0120-39-4861


エアペイ導入に関する記事は以下をご参考ください。

Airペイを導入時に準備すべきものはズバリこれ! Airペイを導入時に準備すべきものはズバリこれ! AirPAYの申込の手順を写真付きで紹介します! AirPAYの申込の手順を写真付きで紹介します!



エアペイ屋外利用の際の注意事項

交通系電子マネー決済はフリーWi-Fiでの利用はできない

エアエアちゃん

屋外利用で交通系電子マネーの利用を考えている場合は要注意だよ!


エアペイを利用する際、使用するiPad・iPhoneがインターネットに繋がっている状況が必要です。

クレジットカード、iD、QUICPay、QRを利用する際のインターネット回線は、
・3G
・4G
・LTE
・Wi-Fi
など、いずれの回線でも利用が可能です。

しかし交通系電子マネーを利用する場合は、
・固定インターネット回線でのWi-Fi
・携帯電話回線の4G/LTE

での通信環境が必要とされています。

つまり交通系電子マネー利用の場合は、フリーWi-Fi(公衆無線LAN)3G通信だと通信上の問題で決済できないなどの不具合が生じる場合があるため、利用しないようにとエアペイ側が呼びかけています。

(万が一そういった環境で利用し不具合が起きても、エアペイのサポートの対象外となってしまいます)

屋外のイベントなどでは、イベント会場がフリーWi-Fi等用意する場合もありますので注意しましょう。

交通系電子マネー以外の決済であっても、なるべく比較的安定した固定インターネット回線のWi-Fi環境が推奨されています。

屋外でエアペイを使う場合は、なるべく安定したインターネット環境となるよう、モバイルWi-Fiを利用する、携帯電話の4G/LTEを利用することをオススメします。

エアペイと相性の良いWi-Fiおすすめ3選【イベント利用にも最適】 エアペイと相性の良いWi-Fiおすすめ3選【イベント利用にも最適】




iPhone、iPad、カードリーダーは充電しておく

iPhone、iPadももちろんですが、カードリーダーも充電式です。

つまり充電が切れてしまうと決済ができず、現金対応のみとなってしまいます。

うきこ

屋外利用でキャッシュレス決済ができると、購買チャンスが増えるし、単価も上がるしいいことでづくめだから、充電切れでキャッシュレス決済ができないのはとてもいたいよね・・。


そういったチャンスを逃さないためにも、屋外利用の前に各機器しっかりと充電をしておきましょう。

カードリーダーは、充電が全くない状態からでも約3時間でフル充電できます。

フル充電の状態から、12〜16時間連続利用が可能ですので、終日屋外イベントがある場合でも大丈夫です。

さらに嬉しいことに、万が一充電が切れても、エアペイは充電しながら決済することが可能です。

屋外での電源を繋げられる環境であれば充電ケーブルを繋ぎながら決済できます。

エアエアちゃん

ただし、電子マネー(iD、QUICPay、Apple Pay)だけは充電しながらの決済はできないので要注意だよ!

うきこ

しっかり充電して屋外利用に臨むのが良さそうだね!



インターネット環境を整えてエアペイを外でも使ってみよう

屋外での販売で現金以外のお支払い方法があるのは非常に有利です。

普段常設の店舗のみのお店でも、屋外でキャッシュレス決済ができるのであれば屋外イベントに参加する良いきっかけにもなりますし、販売経路が増えることは売上アップにも繋がります。

インターネットの環境だけはしっかり整えて、ぜひ屋外でエアペイを使ってみてくださいね。

AirPAYの公式サイトはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です