新型コロナウィルス感染症の救済措置に取り組む決済サービス会社 まとめ

AirPAYとSquare、各社メリット・デメリットはズバリこれ!!

AirPAYとSquare、各社メリット・デメリットはズバリこれ!!

AirPAYとSquare。

どちらもクレジットカードのモバイル決済の大手であり、導入者数も多く人気がありますが、それぞれメリットとデメリットがはっきりと違います!

うきこ

経験上言わせてもらうと、メリット・デメリットによって、ご自身のお店に合った方を選ぶのがベスト!

ということで今回は、AirPAYとSquareのメリットとデメリットを、はっきりとわかりやすく、紹介したいと思います。

エアエアちゃん

簡潔にわかりやすく説明するね♪



AirPAY(Airペイ・エアペイ)

メリット

✔︎ 電子マネー決済ができる
(交通系電子マネー9種類、その他電子マネー「iD」「QUICPay」の2種類)
✔︎ Apple Payでの支払い可能(Suica、iD、QUICKPayの決済の場合に限る)
✔︎ QRコード決済ができる(AirPAY QRに申し込みが必要)

Alipay、WeChat Pay、PayPay、LINE Pay、d払い)
✔︎ 振込手数料無料

デメリット

● 審査が厳しい
● Androidでは利用できない
● ゆうちょ銀行は利用できない

AirPAYの公式サイトをチェック



Square(スクエア)

メリット

✔︎ 最短申込当日から利用可能
✔︎ サークルなど非店舗業者などでも審査がおりやすい
✔︎ 役務提供サービスにも利用できる
(金額等条件あり)
✔︎ 最短で翌営業日に振込、遅くても週1回振込
(銀行による)
✔︎ カード番号手入力でも決済できる(
VISA、Mastercard、American Expressのみ)
✔︎ 決済ページをメールして、オンライン決済ができる(Square請求書

✔︎ デザインがシンプルでおしゃれ
✔︎ 振込手数料無料

デメリット

● 電子マネー決済、QRコード決済に対応していない(※ 2019年後半対応予定)
● 暗証番号での認証ができない(画面への電子サインのみ)
● カードリーダーが2種類必要
(磁気タイプのカードにはイヤホンジャックに接続するカードリーダーが必要)
● 手数料がAirPAYより0.01%〜0.21%高い
(※ キャッシュレス・消費者還元事業により、2019年10月1日から2020年6月30日までは決済手数料2.16%でAirPAYと一緒になる)


もっと詳しくSquareのメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Square(スクエア)のメリット・デメリット・利用者の口コミも紹介 Square(スクエア)のメリット・デメリット・利用者の口コミも紹介

Squareの公式サイトをチェック



AirPAYとSquareの共通点

● 月額固定費無料
● 振込手数料無料
● 解約手数料無料
● 一括払いのみ
● カードリーダーはBluetooth接続
(※ Squareは、磁気タイプのカードにはイヤホンジャック接続のリーダが必要)
● キャッシュレス・消費者還元事業により、2019年10月1日から2020年6月30日までは決済手数料2.16%
(通常:AirPAY 3.24%/3.74%  Square 3.25%/3.95%)

AirペイとSquareの手数料の比較については、こちらの記事をご覧ください。

AirPAYとSquare、カード決済手数料の安い方はどっち?比較表で驚きの事実! AirPAYとSquare、カード決済手数料の安い方はどっち?比較表で驚きの事実!



各社のお得なキャンペーン

各社とも、新規加入者へのお得なキャンペーンを実施中!
下の記事にまとめておりますのでご確認ください。

AirPAY、Square、キャンペーンまとめ AirPAYエアペイ、Squareスクエア、キャンペーンまとめ【2021年9月】



まとめ

AirPAYとSquareのメリットとデメリットを簡潔にまとめてみました。

自分のお店に合ったものがきっと見つかるはずなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

AirPAYの公式サイトはこちら


Squareの公式サイトはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です