新型コロナウィルス感染症の救済措置に取り組む決済サービス会社 まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業、どうやって還元されるの?誰が払うの?

キャッシュレス・消費者還元事業、どうやって還元されるの?誰が払うの?

2019年10月1日から始まる「キャッシュレス・消費者還元事業」。

2020年6月30日までの期間中は、

・キャッシュレス決済をしたお客さんに5%or2%の還元
・キャッシュレス消費者還元事業加盟店は決済手数料が2.16%に引き下げ

が実施されます。

エアエアちゃん

「還元」っていうけどどうやって還元するの?
そして還元分を誰が負担するの??

確かに。
お得になることは頭では理解していても、詳しくはわかっていない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで今回はキャッシュレス・消費者還元事業の還元方法や、誰が還元した分を負担するのかなど、解説していきたいと思います!


キャッシュレス・消費者還元事業、その還元方法は決済事業者によって異なる!

キャッシュレス・消費者還元事業、対象の決済手段は、
・クレジットカード
・デビットカード
・QRコード決済(スマホ決済)
・電子マネー

です。

そして、その還元方法は、決済事業者によって異なります

クレジットカード会社の還元方法

JCB
クレディセゾン
三井住友カード
UCカード
イオンフィナンシャルサービス
MUFGカード の場合

⇨請求金額から5%or2%値引き

毎月の請求から値引きをした形で還元されるということです。

一方、

楽天カード の場合

楽天スーパーポイントでの還元

楽天を常に利用している方には馴染みがありそうですね。

PayPayの還元方法

PayPayでは2019年10月1日〜11月30日までのキャンペーンで、還元事業加盟店の5%還元のお店にてPayPayを利用すれば、

・還元事業による5%還元PayPayボーナスとして還元されます)
・PayPay利用特典の1.5%PayPayボーナス
・キャンペーン特典3.5%PayPayボーナス

で、合わせて10%のPayPayボーナスが付与されます!
詳しくはこちらをご覧ください。

参考 PayPayキャンペーン「まちかどペイペイ第1弾PayPay



エアエアちゃん

還元方法は様々なので、自分の持っている決済手段はどういった形で還元されるのか調べておくと良いね!




コンビニは例外で即時割引!

上記のように、通常はその決済手段によって還元方法が決まるのですが、コンビニでの決済だけは例外で、店頭で即時割引となります。

これは、経済産業省が認めている例外の1つで、「店頭での購買時に、即時利用可能なポイント・クーポンなどを発行し、購買金額に該当ポイントなど相当額を充当する方法」というものです。

この例外を利用するのが、
・セブンイレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ

の4大コンビニです。

つまり、上記4つのコンビニでキャッシュレスでお買い物をすると、会計時に2%分値引きされるということ。

税込1000円の商品をキャッシュレス決済で購入すると、2%である20円分がその場で引かれるため、税込980円になる、ということです。


還元の負担は国!

キャッシュレス・消費者還元事業の経緯は、同日からスタートする消費税増税が背景にあります。


国民の増税の負担を少しでも軽くするため、そして、他国と比べると劣っている日本のキャッシュレス化推進のため、国が考えた施作ですので、当然と言えば当然ですが、還元分は国が負担します。

エアエアちゃん

自分の店が負担しなきゃいけないというのは勘違い!よかったよかった!




そもそも、還元率5%と2%の違いは?

キャッシュレス・消費者還元事業加盟店に登録されている中小店舗では5%の還元があります。

では2%還元はどんなお店が対象かというと、フランチャイズチェーン傘下の中小店舗や小規模店などです。

お分かりの通り、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗は中小の店舗となっています。
なので、フランチャイズの直営店などは本事業の対象外になることもあります

ただし、同じコンビニで直営店かフランチャイズ店か消費者はわからないため、消費者の混乱を避けるために企業が自ら費用を負担し、フランチャイズ店と合わせて2%の還元を行う動きもあります。

公式サイトの加盟店一覧において、各加盟店に適用される還元率を確認することができますので、気になる方は調べられるといいと思います。

参考 ポイント還元対象のサービス検索キャッシュレス・消費者還元事業




注意すべき点

本事業加盟店でも、決済方法によっては還元が受けられないこともある

決済手段表記用ポスター(5%の場合)

キャッシュレス・消費者還元事業加盟店では、上記のようなポスターが設置されています。

5%の還元か2%の還元か、見てすぐにわかりますね。

ただし、注意すべき点があります。

それは、下の方の四角に囲まれている「対象決済手段」です。

加盟店であっても、決済手段によっては還元対象外の場合もあるので、こちらのポスターを見かけたら、自分が使おうとしている決済手段が対象かどうかもチェックしましょう!



キャッシュレス・消費者還元事業は9ヶ月間!

PayPayのように、この期間に通常よりももっとお得になるキャンペーンを打ち出す会社もあると思いますので、使用する予定がある決済手段については要チェック!

自分の決済方法の還元方法を知って、9ヶ月間お得に過ごして行きましょう!









この記事を気に入っていただけましたら、いいねやシェアをしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です