新型コロナウィルス感染症の救済措置に取り組む決済サービス会社 まとめ

【コロナ救済】キャッシュレス決済各社取り組みまとめ

【コロナ救済】キャッシュレス決済各社取り組みまとめ

【コロナ救済】キャッシュレス決済各社が取り組みを開始

新型コロナウィルス感染症における収入減などの影響が拡がる中、キャッシュフロー円滑化を支援するため、キャッシュレス決済サービス加盟店が各社取り組みを始めています。

取り組みの内容や検討中の内容などまとめていますので、ぜひ加盟店の方はぜひ参考になさってください。


【LINE Pay】入金申請の手数料を無料化

入金申請をする際に通常振込1回あたり250円(税込)かかる手数料が、2020年6月30日(火)18時まで無料になります。

LINE Payの「入金申請」とは

LINE Payでの売上金を、通常の精算サイクルまで待たずとも、申請することで受け取りたいタイミングで毎日でも受け取ることができる加盟店向けオプショナルサービス。

加盟店向けホームページ内から申請を行うと、契約時に指定した銀行口座に即時振り込まれます。



【Square】サブスクリプション料金の返金

Squareが提供しているソフトウェアサブスクリプション機能「スタッフ Plus機能」の3月分と4月分の料金が返金されます。

Square側で払い戻し作業が行われるので、返金申請などする必要はありません。

Square「スタッフPlus機能」とは

SquareのPOSレジと連携して、出勤/退勤などタイムカードとして使えるのはもちろん、スタッフごとの販売レポートや販売に対する人件費のレポート、複数の賃金設定などの高度な機能が利用できるもの。




その他

三菱UFJニコスイオンフィナンシャルサービスも売上金振込の前倒しを検討しているとのことです。(2020年5月5日現在)


コロナ救済の取り組みについて随時更新中

今後も個人事業主や中小企業への救済として、何らかの取り組みを行うキャッシュレス決済サービス会社があると思いますので、随時更新していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です